氾濫する情報の向こう側へ(17)〜12月3日、そして5日

氾濫する情報の向こう側へ(17)〜12月3日、そして5日

いま、海の向こうでは、どんなによく書かれたミステリー小説よりも、どんなに素晴らしいSF映画よりも、もっともっと強烈なことが、リアルタイムで、このリアリティの中で起きています。 ここに来て、ディープステートのやってきたこと

氾濫する情報の向こう側へ(16)〜夜明けは近い

氾濫する情報の向こう側へ(16)〜夜明けは近い

現在、現地時間11月6日、米国では中間選挙が行われています。 トランプ率いる共和党と民主党、どちらも強烈にヒートアップしていて、まるでアメフトの試合を見ているような気分になりますが、これもお国柄でしょうか。 これは米国内

氾濫する情報の向こう側へ(14)〜すべてを疑え!

氾濫する情報の向こう側へ(14)〜すべてを疑え!

海の向こうの国では、いよいよカバル/ディープステートの輩たちが追いつめられて、大きな騒ぎになっています。 前回のブログに、トランプ大統領がブレット・カヴァナー判事を最高裁判所に薦したことを書きましたが、カヴァナー判事が上

氾濫する情報の向こう側へ(13)〜ほんとうに悪い人たち

氾濫する情報の向こう側へ(13)〜ほんとうに悪い人たち

  2001年9月11日、米国のみならず世界中の人々の意識を大きく変えるきっかけとなったNYテロ事件から、17年の時が流れました。 9.11の真犯人は、いったい誰だったのでしょう? この秋、上の質問への答えを含

夜明け前が一番暗い

夜明け前が一番暗い

いま、世界は夜明け前の一番暗いところにあります。 火山の噴火、地震、豪雨、まつりごとの腐敗… 日本列島の一角から世界を見渡すと、暗く、重く、つらい出来事ばかりが見えています。 けれども同時に、今まで思いのまま