私たちの惑星の新たなるスピリチュアルワーク(1)
ダニエル・ミッテルによるドランヴァロ・インタビュー (英語)より

 

バージョン 2

 

ダニエル(以下、Da) こんにちは、ドランヴァロ。

ドランヴァロ(以下、Dr) こんにちは、ダニエル。

Da) ドランヴァロ、私はあなたが1990年代のはじめ頃に、ハートの中に居ることがいかに大切か話していたことを覚えています。
あれから30年近く経って、今この本 (*ドランヴァロとダニエルの共著「Journeys into the Heart」)があるわけですね。
いろいろなことが言われている昨今ですが、今、ハートの中に居ることはどのくらい大切なのでしょうか?

Dr) それは、永遠に大切なことです。
あなたが宇宙のどこに居ようと、何世紀の世界に居ようと、それがいつであろうと、変わらず宇宙で一番大切なことなのです。
私たちはハート(心臓)の中に「ハートの中の小さな空間」と呼ばれる空間を持っています。
それは、科学ではシンギュラリティ(特異点)と呼ばれ、全く極性のない場所です。
私が宇宙の中をリサーチしたところによると、その空間は、地球の中心や太陽の中心、銀河の中心など、すべての恒星や惑星の中心に見い出すことができます。
そして、その中心はみな同じであり、どこでもお互いにつながり合っています。
ですから、あなたがシンギュラリティ(=ハートの中の小さな空間)に入って行くと、あなたは完璧に宇宙とひとつになるのです。
そして、いつの時にも、それが高次への進化の鍵です。
ですから、宇宙と一体になることは大変重要です。
…と、私は思います(笑)。

Da) 他の場所や惑星では、また違う方法で宇宙とつながったりしているのでしょうか?

Dr) ええ、そうです。

科学的にそうだとは証明はされていませんが、その可能性があることが証明されています。

今、私はコズミック・グレース・ワークショップでおこなったワークを展開させつつ、それを本に書いているところです。
その中でも言っていますし、人々もわかってきていますが、科学界における状況は以前とは変わっています。
以前は、科学の世界では光が宇宙で一番速いということになっていました。
光=186200マイル(約30万Km)/1秒という速さですから、たしかにとても速い感じがしますよね。
あっという間に月まで行って帰って来れます。
とはいえ、宇宙スケールで考えてみるとどうでしょうか?
最新の情報では、宇宙を横断する距離は、308億光年と言われています。
ということは、宇宙の向こう側の誰かに「こんにちは!」と呼びかけたら、それは308億光年後に相手に届くことになります。

Da) 時間かかり過ぎです〜(笑)。

Dr) そして、相手が私に「こんにちは!」と返してくるのにも、またもう308億光年かかるということになるんです。
ですから、科学は、宇宙の中でコミュニケーションを取ることは不可能だとしていました。
彼らは理解していなかったんです。
でも、今は彼らも理解しています。
世界のほとんどの人はまだ知らないですが、科学の内なるレベルでは、わかったことがあるのです。
それは「ビルケランド電流」と呼ばれるものですが、それは壁のコンセントから取れる電気と何も変わらない、同じものです。
ところが、私たちの惑星では、J.P.モルガンが電気をどうしても電線の中を通したかったために、すべての研究もまた、電線の中を通る電気の使用に制限されてしまいました。
テスラという人が、電気が空間の中でどのように動くのかを理解し始めていましたが、彼がやっていたことは、我々には何もわからないままでした。
でも、今はそれがわかるんです。
確か1906年だったと思いますが、それを最初に突き止めたのはビルケランドという人です。
その後、1969年に科学はそれを再発見したのですが、ちゃんと理解するまでに数年かかりました。
最初に発見したビルケランドにちなんで、それはビルケランド電流と呼ばれています。
最初に数学的にはじき出された数字では、ビルケランド電流は光の200億倍の速さであると考えられました。
そうすると宇宙の向こう側までは…

Da) 瞬時に着いちゃいますね。

Dr) いえいえ、宇宙の向こう側まで約0.5秒かかると言われていました。

Da) すごいですね…

Dr) 突飛な感じがするかもしれませんが、それは可能なことです。

けれども、彼らはこれについてもっと深く探究し、今では、ビルケランド電流が光の9000億倍の速さだったとしても、それでも遅いと言っています。

Da) おお!

Dr) どういうことかというと、「時間、距離、空間は実在していない」ということに、今では彼らは気づいたのです。

Da) たしかに。

Dr) 時間、距離、空間は、私たちが頭の中で創造しているのであって、実際のリアリティとは何の関係もないということです。
つまり、ビルケランド電流は宇宙のどこからどこへでもゼロタイムで動き回ることができる、ということに彼らは気づいたのです。
ゼロタイム、つまりナノ(10億分の1)秒だってかからないのです。
あなたがここを去った瞬間にそこにいる、というわけです。
そして、それが宇宙のすべてのコミュニケーションのやり方です。
つまり、宇宙は完璧にお互いにつながっています。
今まで私たちはまったく理解していなかったのですが、それが真実です。

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.