*ご案内のメールが届きにくくなっているようです。
お申し込みの際には、携帯ではなくパソコンのアドレスをお使い下さい。
それでも届かない場合には、お手数ですがお問い合わせ下さい。

A wild squirel captured in a cold sunny autumn day

ドランヴァロ・メルキゼデク創設

ATIHワークショップ軽井沢リトリート2020

日時:2020年10月5日(月)〜8日(木)

初日は10時頃に信濃追分駅に集合、最終日は17時頃に終了予定です。

*このリトリート・ワークショップは女性限定です。

 

23113252_1595813437151305_189995164_o

会場:🌲軽井沢の森のヴィラ🌲
*会場、交通の詳細については、ご案内メールにてお伝えいたします。

リトリート受講料:95,000円

 

 

♡軽井沢の森でゆったりとハートのワークを♡

IMG_6246

リトリート受講料には、10月5日〜7日の3泊の宿泊料、朝食(3食)、昼食(4食)が含まれています。

宿泊は、2名〜5名の相部屋になります。

最終日10月8日の宿泊をご希望の場合は、別途10,000円にて宿泊可能です。

ヴィラにはキッチン、お風呂、洗濯機、バスタオル、フェイスタオル、ドライヤーなどが完備しています。

周辺には星野リゾートをはじめとする温泉やレストラン等が多くあり、毎日のワーク終了後はそちらにて楽しむこともできます。

 

 

 

🌲お申込みはこちら▼からどうぞ🌲

 

 

私たちは今、この星の上でとても特別な「アセンションの窓」の中にいます。

今年2020年は、いよいよ私たちの内側の意識の変化が大きな外側の変化となって現れ、一挙にアセンションへと向かう兆しを見せています。

同時に私たちの内側の変化を強くうながす強烈なエネルギーが、地球全体を取り巻いています。

まさに今という時は、私たちの意図しだいで大いなる意識の次元上昇をもたらす可能性を秘めている時なのです。

ホピの預言の通り、2007年秋に太陽圏内やってきた彗星ホルムスは、
青く輝きながら「アセンションの窓」が開いたことを告げるとすぐに、星空の彼方へと去っていきました。

ホピの預言によると、赤い星の出現とともに、この窓は閉じるだろうと言われています。

赤い星は、もうすぐそこまでやってきているのかもしれません。
アセンションの窓が閉じるまでに、私たちにはあまり時間が残されていないのかもしれません。

同時にこれは、私たちが意識のジャンプをして次の意識へと次元上昇していくための、大いなるチャンスの窓が今開いている、ということでもあります。

とはいえ、この意識のジャンプを可能にするために、どうしても必要になってくることがあります。

シンプルに言うとそれは、ハートにかえり、ハートから生きることを思い出すことです。

私たちが今までのように、頭の中に意識を置いて生きている限り、
次の意識レベルへのステップアップは望めません。

ドランヴァロ・メルキゼデクが創設したATIHワークショップでは、
多くの奥深い講義やエクササイズ、瞑想を通して、感情のトラウマや信念体系にダイレクトに働きかけ、
わずか4日間のワークショップの中で、確実にハートから生きることを可能にして行きます。

それは、実にダイナミックで感動的な体験です。

そして、ハートから生きることで可能になることが、ふたつあります。
ひとつは、アセンションのための乗り物である、光のエネルギーフィールド、
マカバを活性化することです。

マカバはアセンション、つまり次元上昇のためには必須の乗り物ですが、それだけでなく、三次元での人生をよりよく生きるためにもマカバがいかに大切かについて、ワークショップの中ではさまざまな側面から理解を深めて行きます。

そしてふたつめは、ハートの中の小さな空間で創造のプロセスを思い出すことです。
何もないところから思いのままにすべてを創り出せるプロセスを思い出すことは、あなたのスピリットにとって、またこの現実を生きて行く上で、素晴らしいギフトとなります。
創造のプロセスを理解していることは、私たちが次の次元に行ったときには、とても重要なことなのです。

ATIHワークショップは、
このアセンションワークをおこなうことをブループリントに持っている人、
この情報を光のアンテナでキャッチする人たちのためのワークです。

もし、このワークショップがあなたのハートに響くのなら、
あなたの細胞が反応するのなら、
なぜかなつかしい気持ちがわき上がって来たり、ワクワクした気持ちになるのなら、
たぶんきっと、あなたはそういう人です(^^)

この秋に、
純粋な愛からつくられたスピリットであるあなたに
ATIHワークショップにてお逢いできることをとても楽しみにしています。

Love and Happiness,
横河サラ

 

*横河サラのプロフィール*

*ドランヴァロ・メルキゼデク公式サイト・横河サラのページ*

*ドランヴァロ・メルキゼデク公式サイト・ワークショップページ*
ATIH workshop Karuizawa Retreat 2020 (「ATIHワークショップ軽井沢リトリート2020」)

 

 

🌲お申込みはこちら▼からどうぞ🌲

 

 

ATIHワークショップについて

ATIHとは、”AWAKENING THE ILLUMINATED HEART”の略で、輝くハートに目醒める、またはハートの中の悟りを得る、という意味です。これは、そのためにドランヴァロによって素晴らしくよくデザインされた4日間のワークショップです。

輝くハートに目覚めること、ハートから生きることを思い出すと、私たちはゆるぎのない安心感や幸福感の中に生きることができるようになります。

そして、休眠状態にあるマカバと呼ばれるライトボディを自然に活性化することが可能になります。
マカバは、アセンションをする際に必ず必要となる次元間の乗り物ですが、それだけでなく、日常生活においても必ずあなたを守り、さまざまなサポートをしてくれるパワフルな光のエネルギーフィールドです。

ちなみに、2011年の夏以降「フラワー・オブ・ライフ第2巻」に書いてある方法での合成マカバの活性はおこなっていません。現在は、ハートの中の小さな空間から、生きているマカバフィールドが花開くように活性化していきます。

ワークショップの最終課程では、ハートの中で意識的に創造するプロセスを思い出していきます。自分自身でつねにすべてを創造していること、ハートの中では何であれ自分の思うままに創造することができることを思い出すと、この三次元を生きることのすべてが変容していきます。

ドランヴァロ・メルキゼデクのプロフィール

ATIHワークショップのより詳しい内容について

 

☆スクール・オブ・リメンバリングへの登録について☆
ATIHワークショップに参加される方は、事前にドランヴァロのスクール・オブ・リメンバリングへの登録をして頂くシステムになっています。
スクールのウェブサイトにて英語による登録になりますため、ATIHワークショップに申し込まれた方にはメールにて登録方法をご案内いたします。
登録料は14.99ドルで、一度登録されますと、その後は生涯に渡って登録に関する費用は一切かかりません。
スクールに登録することで、世界中のATIHファミリーとつながって行くことが可能になり、真の意味でひとつのハートとして生きることが始まります。
また、ワークショップ終了後にはスクール・オブ・リメンバリングの公式修了証をダウンロードすることができます。
ワークショップにお申込みになられた方には、横河が登録方法やその他のサポートをしていきます。また、ティーチャーによる代理登録の方法もございますので、どうぞご安心下さい♪

 

 

pink lotus

アセンションの最終ステップ「最後の90度ターン」について

4日間のATIHワークショップの中で、ハートから生きることを思い出し、ナチュラルなマカバが活性化し、ハートの中での真の創造のプロセスを思い出していくことで、もうアセンションへの準備は万端といえるでしょう。
そこまで行けば、もうその次にはアセンションの最終ステップである「最後の90度ターン」を思い出すだけです。
この「最後の90度ターン」について、ドランヴァロは長い間誰にも語らずに来たそうですが、いよいよこれをオープンにして行く時が来たようです。
ATIHの本部であるスクール・オブ・リメンバリングのウェブサイトに登録後、トゥイッション・メンバーと呼ばれるエリアに、ドランヴァロ本人の解説による「最後の90度ターン」のビデオ(英語のみ)があります。トゥイッション・メンバーの会費は、毎月6.99ドルです。

*スクール・オブ・リメンバリングのウェブサイト(英語)

*ドランヴァロによる「最後の90度ターン」ビデオのイントロダクションYouTube

*このビデオの横河サラによる翻訳は、こちらで読むことができます。

 

heart-work-in-autumn-karuizawa

 

🌲お申し込みフォーム🌲

*メールアドレスや電話番号にお間違いがないか、よくご確認の上ご送信下さい。
パソコンからのメールを受送信できるメールアドレスをお書き下さい。現在、携帯メールアドレスへのメールが大変届きにくくなっているようです。
こちらからの返信が確認できない場合は、お手数ですが迷惑メールもご確認下さい。

名前
ローマ字名前(半角英字)
例) Taro Yamada
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
お間違えの内容ご記入下さい。
郵便番号
住所1
例)中央区銀座◯-◯-◯
住所2
マンション名など
電話番号
なるべく携帯電話の番号をご記入下さい。
ATIHワークショップ
→再受講の方
受講年月をご記入下さい。
ご宿泊
最終日に宿泊ご希望の方はチェックを入れて下さい。
交通手段
メッセージ

 

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.