cosmic-d-update-2

コーリー・グッドその他のウィッスルブロウワー (内部告発者) たちが伝えてくる内容は、私たちが未だに持っている集合意識や信念体系からすると、びっくりするようなことが目白押しです。

こういった新しい情報が、あなたのハートや直感にピーンと響いて、その内容を受け入れられると感じるのであれば、ぜひそうして下さい。

もし、今は受け入れられないと感じるのであれば、まずは想像上のダンボール箱の中にでもしまっておいて下さい。

あなたがどう感じるか、どう思うのかが、一番大切なことですから。

それは、ドランヴァロ・メルキゼデクや、トム・ケニオンが常日頃言っていることでもあります。

いつか「あ、そういえば、そんな情報があったかも。」とダンボール箱の中から引っ張り出す時が来るかもしれません。

 

さて、前回のブログに書いた「とてつもない出来事」とは何なのかについて、今年2月27日にリリースされた「コズミック・ディスクロージャー〜スーパー・フェデレーションの終焉」の中で、コーリー・グッドが話していることからお伝えしていきましょう。

 

マヤ人たちの宇宙船の中における、レプタリアンとの緊張感みなぎる出来事のあと、自宅に戻ったコーリーは、ブルー・エイヴィアンズのティア・エアの夢を見るようになります。

スクリーンショット 2016-08-05 午前1.30.31

ブルー・エイヴィアンズのティア・エア

ちなみにブルー・エイヴィアンズとは、私たちをサポートしてくれている青い鳥類の姿をした6次元の存在であり、ティア・エアは、コーリーと直接コミュニケーションを取っている存在です。

夢の中でティア・エアは、スーパー・フェデレーションの集会があること、そこでティア・エアが話すことをコーリーが通訳をすること、また、集会の後に土星にある評議会へ行き、そこで、新しい二人のガーディアンを迎えることを伝えて来ました。

さて、スーパー・フェデレーションとはいったい何ぞや?? ですよね(笑)

私の理解の限りでは、「地球に関与している、特に地球上でおこなわれている人間に対する22個の遺伝子実験に関与している様々なETたちの連盟」ということだと思います。

映画「スターウィーズ」の中に、銀河のあらゆるETたちの評議会みたいな場面がありますが、あんな感じでしょうか。

今までのガーディアンであったブルー・エイヴィアンズとゴールデン・トライアングル・ビーイングスが、ある時点で私たちのリアリティから消えて行き、同時にスフィア・ビーイング・アライアンスの中から新しいガーディアンたちがやって来て、私たちを援助することになっていると、コーリーはずいぶん前からティア・エアに聞かされていたそうです。

 

さて、スーパー・フェデレーションの会議は2017年12月16日に開かれました。

42_Corey_and_Blue_Sphere

その夜中、コーリーが起き上がると、すぐにブルー・スフィア (青い球体) が部屋に現れ、用意していた服に着替えたコーリーを乗せて行きました。

気がつくと、彼はスーパー・フェデレーションの集会がおこなわれる会場の前の控室にいて、近くには同僚のゴンザレスや、知っている数人のマヤ人たちがいます。

43_Corey_inside_Blue_Sphere

ゴンザレスとともに会場に入って行くと、そこはすでに、さまざまなETたちでいっぱいになっていて、とても興奮した、ざわついた雰囲気になっていました。

人間とはまったく違う外見のETたちも、とても人間に近い外見の存在たちも、それはたくさんいます。

中には、水中に生きる存在たちもいて、彼らはシリンダー状になった水中に浮かんでいるのですが、そこにはガラスもケースも何もなく、ただ水だけがシリンダー状になっていました。

ゴンザレスによると、集会が開かれたステーション (シップ) は超古代のもので、非常い直感的で知性があり、宇宙のどこから誰が来ようとも、ステーションに着いた瞬間に、その存在にとって必要な大気や気圧のフィールドがその存在の周りに出現するのだそうです。

 

デイヴィッド・ウィルコックの「スーパー・フェデレーションのメンバーたちが、ガーディアンたちと話をすることって、普通のことなの?」という質問に対してコーリーは「彼らは今まで一度も話したことがないと思うよ。」と答えています。

デイヴィッド「アステロイドベルト(元は惑星だった)が50万年ほど前に吹っ飛ばされて、地球を守っていたグリッドが消えちゃって、それで彼らがやって来て、ここで遺伝子実験を始めたんだよね。
ってことは、彼らは50万年もの間、ガーディアンたちから一度も話を聞くこともなく、遺伝子実験を続けてたってことなのかい?」

コーリー「そうなんだ。彼らはゴンザレスを通じてメッセージを受け取ることはあっても、ガーディアンたちと直接会って話をすることはなかったんだ。」

デイヴィッド「わお! ということは、これは、50万年の歴史の中で初めてのイベント!ってことなんだね。」

コーリー「僕が知っている限りでは、そうだよ。」

デイヴィッド「彼らは、自らを神とか天使と名乗って、あらゆる遺伝子実験をやって来たんだよね。
ガーディアンズたちが彼らより高次の存在で、彼らにはない権限を持っていることを彼らは理解しているのかな?」

コーリー「うん、彼らはみんな、宇宙の序列は理解しているよ。けれども、彼らのほとんどは、ここ地球でやって来た遺伝子実験は重要なことで、邪魔されたくないと思っている。」

デイヴィッド「この集会に、人間も参加していたの?」

コーリー「うん、僕の知っている人物がいて、しかめっ面していた。」

デイヴィッド「その人物は、僕たち地球上の人間がみんな知っている人?」

コーリー「うん。」

デイヴィッド「そうなんだ。つまりその人物は、集会で起きていることがおもしろくなかったということだね。」

コーリー「そういうことだね。」

それはいったい、誰なのでしょうね?

 

さて、コーリーはゴンザレスに促されて、超緊張しながらステージに立ち、その瞬間、会場にいた全員がコーリーに視線を向けました。

コーリーは、いったい何が起きているのか、自分がこれから何をするのか、まったくわかっていなかったのです。

気がつくと突然、コーリーの背後にティア・エアとゴールデン・トライアングル・ビーイングが立っていました。

その瞬間、会場はとても静かになり、コーリーが振り向いてティア・エアを見上げると、ティア・エアは手を動かし始めます。

ティア・エアはコーリーに、自分が言うことを正確にリピートして伝えるように、とテレパシーで伝えてきました。

 

さてさて、このあとティア・エアが何を話したのかについては、次のブログにて!

 

出典:https://www.gaia.com/series/cosmic-disclosure

写真出典:https://spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-guide-to-non-terrestrial-beings.html

 

 

 

 

Related Articles:


Oak tree on a green meadow covered by a rainbow*ゴールデンウィークのATIHワークショップ in 東京*
5月3日(木祝)〜6日(日) @池上實相寺(じっそうじ)

今年のゴールデンウィークこそは、ドランヴァロのハートのワークを体験してみませんか? ハートの秘密の空間から生きているマカバを活性化させ、秘伝である創造のプロセスを明らかにしていきます♡


Lotus flower in bloom with copy space, shallow depth of field.*スピリチュアル勉強会 vol.27*
4月28日(土) 13:00〜17:00 @池上實相寺

今回は「愛と怖れ」というテーマで探求していきます。自分の中にある怖れを知り、真っ直ぐに見つめ、瞑想し、イメージワークをしていきましょう。

 


branch bright colorful green foliage. spring landscape*青水無月の軽井沢セミナー*
6月9日(土)〜10日(日) @軽井沢追分の森のログハウス

軽井沢の深い森に佇む素敵なログハウスにて、瞑想をはじめ、スーパーフード講座、社会と経済、地球、宇宙の情報セミナーなどを楽しみながらやっていきます。心とからだとスピリットに滋養を与えるひと時を一緒に過ごしませんか?


 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.