panDx1

2008年初頭に受けた、
ジェイムス・ハート博士のバイオサイバナート研究所でのアルファウェイブ・トレーニング。

これは、私の人生の中でも10本の指に入る興味深い経験でしたが、
その中で何を学んだのかを理解できたのは、かなり後になってからでした。

この衝撃的な体験が、だんだんと自分のエネルギーと混ざり合い、
自分のものとして消化できるまでには、かなりの時間が必要だったようです。

ハートの中の聖なる空間に入り、
そこにとどまれるようになるための瞑想を毎日続けていたことも、
この統合にとても大切なことでした。
ハートにはいることなしには、
「ゆるすこと」は、いつまでもマインドの理解にとどまり、
それを感覚的に理解し、感情に染み込ませ、
それを生きるようには決してなれないんだということも体験しました。

マインドで理解することは、お池のまわりをぐるぐる回っている小動物みたいなんです。
ぐるぐる回って、ハートの池の中には決して飛び込もうとしません。

マインドはとてもアタマがいいので、
「キミは大丈夫!ハートの中にちゃんと入っているよ。だってボクがキミのハートだから。」
なあんて、ハートのふりをしたりします。
それを聞いて、「じゃあ、これでいいんじゃん。」と納得してみても、
ハートのささやき、やさしく私たちを呼ぶハートの小さな声を無視することはできないものです。
マインドでもって納得しているはずなのに、小さなささくれのような違和感が残ります。
その違和感を辿って行くことで、ハートの声がもっとよく聞こえる場所に行くことができます。

そして、そこから、もっとハートの声がよく聞こえる場所へ、
もっともっとハートのバイブレーションが感じられる場所へと進んで行くと、
ついにハートの入口が見えてきます。

ワクワクしながらハートの扉を開けて中に入り、
そのあたたかくて、なつかしくて、まばゆいバイブレーションに浸るとき、
「あ〜、すっきりした。」「あ〜、よかった!」
という、ほんとうの納得、体得を感じることができるのです。

つまり、えいやっ、とハートの池に飛び込んでしまえば、すべてがシンプルになります。
そうすると、「ゆるすこと」は、とても楽な、自然なことになるのです。

マインドくんは、「ゆるすこと」があまり好きじゃありません。
ゆるしたフリをするのが上手だったりします。

ハートの池に飛び込むためには、マインドくんをその気にさせなくてはなりません。
バイオサイバナートの手法は、
マインドくんをその気にさせるための最良の方法のひとつだと思います。

かなり比喩的に書いてしまいましたが、
実は、ゆるすことはとてもシンプルなことなのです。

ところが、マインドを持っている人間にとっては、シンプルなことほど難しかったりします。

まず、自分が何をゆるしていないのか、ゆるせないのかをできる限り明確に知ること。
ちょっとシンドイですが、とにかく客観的に自分を探ってみるんです。
バイオサイバナートでは、トレーニングの始めに、ゆるせないことを全部書き出します。
そして、なぜそれがゆるせないのかに意識をおいて、探っていきます。
すべてをわからなくても全然構わないのです。
注目すること、エネルギーを注ぐこと、意識することで、
すでに状況は動き出しているからです。

ハート博士が話してくれたことの中に、
40年も瞑想を続けているヨギの男性のアルファウェイブ・トレーニング体験の話があります。
その男性は、自分のアルファ波はとても高い数値に違いない、と絶大なる自信を持って研究所にやってきたそうです。
なんせ40年間、毎日瞑想を続けてきたわけですから。
ところが、この人のアルファ波は、前代未聞というくらい低かったんだそうです。
コンピューターがはじき出したこの結果を見て、この男性がどのくらいショックになってしまったかは、想像に難くないでしょう。
トレーニング後のカウンセリングでだんだん明らかになってきたことは、
この男性は数十年もの間、自分の弟をゆるすことができないでいた、ということでした。
そして、この事実を深いところで認識してからは、彼のアルファ波はぐんぐん高くなって行ったそうです。

自分がゆるせないものを認識して行くと、
究極的には、実は自分自身のことをゆるしていない、ということに行き着きます。

私たちは、自分のマインドがつくりあげた複雑極まりない構造物をかいくぐって、
シンプルで自然な、名もない花の咲く野原にたどり着く必要があります。

そこでは、私たちはみんな、小さな子供たちのように
はしゃぎ、笑い、遊ぶことができるのです。

そこでは、ゆるす、という言葉すら存在しないのかもしれません。

 

横川サラのファシリテートによる、ドランヴァロ・メルキゼデクのスクール・オブ・リメンバリング、ATIHワークショップを開催しています。輝くハートに目醒めましょう!
東京 10月11日〜14日
ピラミッドセンター 11月9、10、11日、17、18日
和歌山県、龍神村 12月22日〜25日 *詳細は決まり次第アップします。

 

Related Articles:


The cat lies on the fallen yellow leaves*2018年11月のATIHワークショップ in 東京*
11月22日(木)〜25日(日) @池上 實相寺(じっそうじ)

大きな変化の風を感じるこの秋こそ、ハートに帰り、ハートからマカバを活性化させていきましょう。ハートの夢と願いを三次元に自在に映し出す方法、「創造のプロセス」を思い出していきましょう♡♡♡


Lotus flower in bloom with copy space, shallow depth of field.*スピリチュアル勉強会 vol.32*
12月8日(土) 13:00〜17:00 @池上實相寺

今回は、「セルフラブ♡と瞑想」というテーマにて、瞑想を通じて、ほんとうの意味で自分自身を愛することを探求し、体感して行きます。 ハーブティを飲みながらの肩のこらない勉強会です♪


Multicolored northern lights (Aurora borealis) on Canadian forest*2018冬至の前のダンス・イン・ザ・ダーク*
12月19日(水) 19:00〜21:00 @めぐろパーシモンホール B1リハーサル室

この冬のダンス・イン・ザ・ダークは、12月19日(水)の夜に開催です。踊って、サウンドに浸って、瞑想して、もう要らなくなったエネルギーは今年のうちにサヨナラしちゃいましょう!


Daisy flowers on old wooden background*2019年1月のATIHワークショップ平日開催 in 東京*

2019年1月28日(月)〜31日(木) @田園調布Session Room & Studios

平日の受講をご希望の方を対象に、少人数でおこなうドランヴァロ・メルキゼデクのハートのワークです。この機会にハートの聖なる空間、その中にある小さな空間から生きることを思い出し、アセンションの乗り物であるマカバを活性化して行きましょう。


Lotus flowers in pastel colors sweet background*2019年早春のATIHワークショップ in 京都*
2019年2月8日(金)〜11日(月祝) @梅小路公園 緑の館

2019年2月には、京都駅にほど近い梅小路公園の緑の館にて、ATIHワークショップ開催です♪ ハートの中の宇宙とつながっている空間から、アセンションの乗り物、マカバを活性化しましょう!


Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.