Near Space photography - 20km above ground / real photo taken from weather balloon / universe stratosphere /

ケムトレイルと人間の進化

今回のブログでは、ケムトレイルについての新たな情報が入ってきたので、そのことについて書こうと思います。

ケムトレイルとは、航空機から化学物質を空中噴霧したものが飛行機雲のように空に跡を残したものを言いますが、水蒸気である飛行機雲はわりとすぐに消えるのに対して、ケムトレイルはず〜っと残っています。
ケムトレイルを噴霧する表向きの理由としては、気象変動を抑えるためとなっていますが、インフルエンザウィルスや重金属などを空からばら撒いて、病気を増やし、挙げ句の果てには人口削減を目指す、という理由が裏側にあると言われています。

私が住んでいる東京の城南地域では、昨年の秋は毎日ように空に何本もケムトレイルの筋が残り、息をするのも苦しいくらいの日々が続いていました。

ところが、12月16日以来、忽然とケムトレイルが姿を消したのです。
そして、そこから約1ヶ月ほどは、美しい青空が久しぶりに戻ってきていました。

それなのに、1月の後半あたりから、何だか不自然な雲を見るようになったのです。

美しい青空に太陽が輝いているのに、どこからともなく霧のような人工的な薄白い色をした雲が湧き上がってきて、それが小雨を降らせてたりするのですが、霧のような雲の向こう側は、相変わらずよく晴れて太陽が出ている。
そしてしばらくすると、いつの間にかその霧のような雲はいなくなって、もとの青空だけになっている。
これは一体どういうことなのでしょう?

こんなことに何度か遭遇していた時、Gaia.com のビデオの中に、まさにその答えを見つけたのです。

それは、先月リリースされた、ジェイ・ワイドナーをゲストに迎えた、デイヴィッド・ウィルコックとコーリー・グッドの「コズミック・ディスクロージャー」のビデオの中にありました。

ジェイ・ワイドナーは映画プロデューサーであり、スタンリー・キューブリックと共に映画「2001年宇宙の旅」を制作した人です。
キューブリックの真実に関する興味深い話をGaia.comの中の別のプログラムの中で語っています。

デイヴィッドは、ジェイのことを「世界の裏側でおこなわれてきたことに関する情報に関して、唯一僕よりも前からよく知っている人」と紹介しています。

ジェイ「最近は違う種類のケムトレイルがあることに気づいたんだよ。以前は飛行機が撒いた筋が他の筋とつながって広がって太陽を隠してたんだけど、今はいくつかの点が広がって変なかたちをした雲となって太陽を隠している。そうやってほとんど毎日、コロラド州の素晴らしい青空がめちゃめちゃにされてしまっているんだ。」

デイヴィッド「つい先月、ロスアンジェルス市が下から銃でそういう雲を打ち上げていることを発表したね。いやいや私たちはそんなことは2003年からずっとやってますよ、とか言っていた。」

この後に及んで、また新たにケムトレイル! …やれやれです。

デイヴィッドとジェイ、コーリーの3人のディスカッションは、彼らが躍起になって、巨額のお金も使って、ケムトレイルを世界中の空に撒き散らしているほんとうの理由は太陽にある、という話になっていきました。

要約すると、そろそろ巨大な太陽フレアがやってきて全てを変容させてしまう時が近づいていることを彼らは知っていて、その時を何とか遅らせようとしているのですが、彼らが特に恐れているのは、太陽からやってきているエネルギーが、松果体を通して人類を目覚めさせてしまうことらしく、そのためにケムトレイルを撒いて太陽の光を遮っているというのです。

ジェイ「私たちの神経システムは身体じゅうに電流を運んでいるんだけど、太陽というのはコーリーも言っているように、実は電気なんだよね。新しい太陽が目から入ってきて内分泌システムを刺激すると、神経システムが変容し、身体がもっと電気となっていく。それにより人間は進化し、もっと長生きになり、ライトボディになるんだよ。」

これは、ドランヴァロ・メルキゼデクが言っていることとピタッとあてはまります。

一昨年セドナで開催した「コズミック・グレース」というワークショップの中で、ドランヴァロは「太陽も人間も、そして宇宙すべてを電気として見ると、とてもシンプルに宇宙の成り立ちを理解することができる。」と話していて、そのことを研究している科学者たちのグループ、エレクトリック・ユニヴァースを紹介していました。

そして、今、太陽と地球はディープ・タントラの状態にあり、地球が太陽の愛を受け入れた時に地球のすべてが変容する、と言っています。
それはまさに、巨大な太陽フレアを地球が受け入れる時、ということではないでしょうか。

地球は今、ものすごい勢いで波動を上げてきています。
変容の瞬間がやってきた時に自分の周波数が低いと、地球とともにアセンションしていくことができなくなります。

自分自身の周波数を上げていくとはどういうことなのか、また、ハート(心臓)に意識を移動させ、そこからスターゲートを越えていくことに興味がある方は、ドランヴァロが創設したATIHワークショップがおすすめです。

3月には、那須高原での開催を予定しています。

というわけで、今回もまたマンデラエフェクトについて書けなくてごめんなさい〜。
次回は書く予定ですので、どうぞお楽しみに!

 

Related Articles:


Daisen of a beautiful May of fresh green.*7月のATIHワークショップ in 大山*
7月13日(金)〜16日(月祝) @大山しろがねコテージ

今年1300年祭を迎えた大山(だいせん)にて、ハートから生きることを思い出し、アセンションに必要な光のエネルギーフィールド、マカバを活性化させていきましょう。私たちの真のパワーの源である、創造のプロセスを思い出していきましょう♡


Lotus flower in bloom with copy space, shallow depth of field.*スピリチュアル勉強会 vol.29*
6月17日(日) 13:00〜17:00 @池上實相寺

今回のテーマは「サウンドと宇宙とヒーリング」です。ソルフェジオ周波数などの秘密を明かしつつ、実際にサウンドを聴き、トーニングをして、深く新たなるサウンドの世界を体感していきましょう♪


branch bright colorful green foliage. spring landscape*青水無月の軽井沢セミナー*
6月9日(土)〜10日(日) @軽井沢追分の森のログハウス

軽井沢の深い森に佇む素敵なログハウスにて、瞑想をはじめ、スーパーフード講座、社会と経済、地球、宇宙の情報セミナーなどを楽しみながらやっていきます。心とからだとスピリットに滋養を与えるひと時を一緒に過ごしませんか?


Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.