selflove_cat

セルフラブ〜自分自身を愛すること〜というテーマで、先日勉強会をおこなったのですが、
その中で、これはもっともっと深く掘り下げて行きたいな、と強く思いました。

私たちが生きていく上で、一番最初にくること、かつ一番大切なことは、
「自分自身を愛すること」であるといえるかもしれません。

そして、多くのスピリチュアルな教師たちが、セルフラブについて触れています。

「あなたはすべての答えを知っている」の著者であり、すべての記憶を保持したまま生まれてきたサウンド・ヒーラーのジェニファー・ポサダは、セルフラブは、ヴォイドから始まる、と言います。

ヴォイドは、すべてを内包していて、私たちのすべてが生まれてくる、純粋な愛の場所です。

それは、共鳴し、振動する果てしない愛のフィールドであり、自分自身を常に愛しています。

私たちは自分を愛して止まないヴォイド〜宇宙のこどもなのです。

ところが、この世界にやってきて、私たちはすぐに「自分を愛さないための方法」を学ぶことになります。

自分自身を愛することを忘れてしまった大人たちから、それを学ぶのです。

ヘイハウス出版の創設者であるルイーズ・ヘイは、
「赤ちゃんは自分をどうやって愛したらいいかを知っています。私たちは1人残らず、純粋な愛から生まれたのです。赤ちゃんは自分のからだを批判したりしませんよね。『私のおしりは大きすぎるわ』なんて赤ちゃんが言うのを聞いたことがありますか? 赤ちゃんは、からだを持ったことにほんとうにワクワクして歓喜しているのです。」と言います。

「私たちは最初はみんな、自分を愛することを知っている赤ちゃんだったのです。」

「私たちはみんな、勇気と愛にあふれ、自分のことが大好きだったはずです。」

つまり、無条件に自分自身を愛しているのが私たちのもともとの状態なんですね。

要は、その状態を思い出せばいいわけです。

どうやってその状態を思い出せばよいのか、その方法については、また次回のブログに書いて行きたいと思います。

ドランヴァロ・メルキゼデクは、私の知る限り90年代、2000年代を通じて、セルフラブ〜自分自身を愛すること〜について言及したことがなかったように思います。

ところが、世界中が注目していた2012年の冬至におこなった銀河連盟のチャネリングの中で、ユニティブレスという瞑想法の中に「自分自身を愛すること」を組み入れることを伝えられ、それ以降は地球、宇宙と愛でつながるだけではなく、自分自身とも愛でつながることを瞑想に取り入れるようになりました。

まるで、時代がセルフラブを促しているようです。

そして、自分自身を愛することを意識し実践して行くことと、ハートの中の神聖な空間へ入る瞑想は、手に手をとり合いサポートし合いながら、私たちのスピリチュアルな生き方や成長を深めてくれます。

 

あなたは自分のことが好きですか?

自分自身を愛していますか?

よかったら、今、自分にそっと声をかけてあげて下さい。

「愛してるよ。いつも、ほんとうにありがとう。」

 

Related Articles:


Ameba_take3_ATIH体験会9月2017*9月のATIHワークショップ体験会*
9月16日(土) 14:00〜16:00 @めぐろパーシモンホールB1 第1練習室

ドランヴァロ・メルキゼデクのハートのワーク、ATIHワークショップの体験会です。Facebookをやっていない方はお問い合わせからお申し込み下さい♪


Red grape in the vineyard*10月のATIHワークショップ in 軽井沢*
10月6日(金)〜9日(月祝) @軽井沢追分のログハウス

海の日の連休の4日間、福島大玉村のスペースシップMOMOにてATIHワークショップを開催します♪ ドランヴァロ・メルキゼデクのハートのワーク、ハートから生きることを思い出し、マカバを活性化させる素晴らしいチャンスです。


Lotus flower in bloom with copy space, shallow depth of field.*スピリチュアル勉強会 vol.24*
8月5日(土) 13:00〜17:00 @池上實相寺

今回の勉強会は「自然〜究極のスピリットのリマインダー」というテーマで、自然が持っている叡智から学び、私たちの中にある宇宙の本質を思い出すことをサポートしてもらうことを探求していきます。
*終了しました。ご参加下さったみなさん、ありがとうございました♡♡♡
次回の勉強会は、10月22日(日)を予定しています。いつもと違い、第4週目の日曜日になります♪


 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.