*終了しました。
ご参加下さったみなさん、ほんとうにありがとうございました♡♡♡
次回の勉強会は、8月18日(日)を予定しています。

Lotus flower in bloom with copy space, shallow depth of field.

スピリチュアルっていったい何でしょう?

本来、創造主のスパーク(火花)である私たちは、肉体やライトボディをまとったスピリットとして、この三次元のリアリティを生きています。

スピリチュアルとは、「ほんとうの自分を思い出し、本来のスピリットとして生きることを思い出す」ということに尽きるのではないでしょうか。

私はいったい誰なのか?

いったい何処からやって来て、何処へ行こうとしているのか?

この美しく青く輝く星の上で、何をしようとしているのか?

もし、あなたの中にこのような質問があり、答えを探しているのなら、その答えを見出すための時間と空間を少しだけわかち合いませんか?

実は、答えはすでに私たちひとりひとりの内側に、ハートの中にあります。

ハートはいつだって、そのドアをノックされるのを待っています。

ハートの中の、なつかしく心地よい空間の中で、自分のおおもとにある感覚や感情、スピリットとしてのよろこびを思い出していきましょう。

 

スピリチュアル勉強会 vol.35

when:  2019年6月29日 (土) 午後1時〜5時

where: 池上實相寺 (いけがみ じっそうじ)

fee: 3,500円

 

今回のテーマは「ロウアーセルフ、ハイアーセルフ」です。

Financial-Marketing-Soar-Like-an-Eagle

7月に来日するダニエル・ミッテルのワークショップの後半2日間は「ハイアーセルフ」ですが、それに先がけて、今回の勉強会ではロウアーセルフ、つまりインナーチャイルドと、高次元に存在する自分自身であるハイアーセルフについて予習してみましょう。

ハイアーセルフとつながりたいけれど、なかなかつながれない、という話をよく聞きます。そのためには、まずは自分自身のインナーチャイルドとつながることが鍵になっています。

今回は、どうやったらロウアーセルフやハイアーセルフと楽々とつながり、多次元な意識へと広がっていくことができるのか、ディスカッションもしながら、みんなで探求していきしょう。

ハーブティーを飲みながら、ゆったり楽しく話をして、クリスタルボウルの音色とともに瞑想をしていく、肩のこらない勉強会です。

初めての方も、どうぞお気軽に足をお運び下さい♪

 

 

勉強会の定番メニュー

プラーナ呼吸

pranic breathing

宇宙に満ちている生命エネルギーであるプラーナをハートチャクラに、身体に、ライトボディに満たしていきましょう。
ドランヴァロ・メルキゼデクやハトホルたちが伝えているプラーナ管を使う呼吸法を一緒にやっていきます。

 

 

 

ユニティブレス瞑想

unity breath

世界じゅうの先住民族の人々が必ずおこなっている、地球と太陽、そして自分自身と無条件の愛でつながる瞑想です。
ハートの瞑想の前には必ずこれをおこない、地球、太陽、そしてあなた自身の愛で創り出されるユニティブレスのバイブレーションとともにハートへと入っていきます。

 

 

 

 

ハートの瞑想

heart meditation
ドランヴァロのATIHワークショップの中で、一番大切なワークとなっているハートの瞑想です。
この場合、ハートとは心臓のことを意味しています。
ハートの中の神聖な空間を体験して、そこで私たちを待っているスピリットの記憶や無条件の愛を体感していきましょう。

 

 

クリスタルボウル

IMG_7675 (1)
クリスタルボウルの波のように広がるバイブレーションで浄化をうながし
、よろこび、平安、しあわせの波動でスピリット・マインド・ボディを満たしていきます。
さまざまな周波数を彩るアルケミーボウルに加え、ドイツからやってきたより深く、高い周波数を持つサウンドギャラクシーのボウルなどを用いて、深いところからハートに、チャクラに、ライトボディに働きかけていきます。

 

 

ハトホルたちからの贈りもの

iStock_000015001955MediumHathor

勉強会の最後には、ゆったりと横になって、サウンド・メディテーションに浸りましょう。
トム・ケニオンによるハトホル・サウンドをはじめとする慈愛と光に満ちたサウンドのシャワーが、からだ、ライトボディ、エネルギーフィールド、そしてスピリットに、深い安らぎとヒーリングをもたらしていきます。

 

 

 

 

 

♪お申込みはこちらからどうぞ♪

*「スピリチュアル勉強会 vol.35」お申し込みフォーム*

お名前
ふりがな
メールアドレス
郵便番号
住所1
例)中央区銀座◯-◯-◯
住所2
マンション名など
電話番号
なるべく携帯の番号をご記入下さい。
性別
スピリチュアル勉強会
ATIHワークショップ
メッセージ
お子さん連れの場合は、こちらに年齢と人数をお書き下さい。

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.